減農薬と有機栽培25年の歴史   株式会社 誠果園   お気軽にお電話ください TEL : 0179-23-3079

swfu/d/a-t22.jpg

ごあいさつ H25

ごあいさつ


代表取締役 坂本 誠治
  •  この度誠果園りんご直売所が「株式会社誠果園」と法人化されましたことを、まずをもってご報ぎさせていただきます。
     それでは、お客様にとって今までと何が違うかと言えば、何も違うことはございません。生産から販売まで一貫た方式は、今風に言えば6次産業ともいわれておりますが、お客様に安全でいいものをより安くご提供することが当園の使命であり、また、今交渉中のTPP、来年4月から実行される消費税等、多難な問題が山積する今、社会的信用を高めることこそが、この世界で生き延びる最良の道と考えております。
     さて、話題が変わりますが、私は10年前から毎年のように世界一のりんご生産地である中国にりんごの生産指導に行ってまいりました。何故、日本の優れた技術をライバルの中国に教えるのかと仲間から批判されましたが、しかし、私の考えは別にありました。中国は日本の23倍の生産量があり、価格的に見てもかなうはずの無いりんごの巨人です。けれども、そこに行ってみて、農薬の問題はいつの日にか解決できるとしても、気候風土は変える事の出来ない事実として体感して参りました。夜、温度が下からないためミツは入らない、降水量が少ないため果汁が少ない。日本の消費者は加工以外は到底受け入れないであろうという結論でした。日本のりんごはグローバルな面からみても決して弱い産業ではなく、空飛ぷりんごとして、必ずや飛躍することのできる商材と思っております。
     尚、今年度より、コンピニによる支払いを採用させて頂き、入金処理もインターネットで簡単にできることになり、利便性もかなり向上するものと思っております。
     日本一小さなそして日本一新しい株式会社誠果園、お客様めご信頼だけを頼りに、また商品の価格は一切値上げせず、企業努力で乗り切る覚悟でありますことも、あわせてご報告させていただきます。
     何卒今年も昨年同様、こだわりりんごを無類のご贈答好適品としてご愛顧賜りますよう、心からお願い中し上げます。


代表取締役 坂本 誠治





a:399 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional